おふとんの中から寝言をつぶやく

ビットコインなどの暗号(仮想)通貨関連の話題を中心に雑多に書きます。

Nekonium Explorer起動方法

Ethereum系のブロックエクスプローラ

https://github.com/nekonium/explorer

の起動方法の覚え書きです。

 

準備

nekoniumの場合、おおよそ1ヶ月に1GBほどのデータを保存しなければなりませんので、専用のボリュームを用意して、mongodbというディレクトリを作って、そこに保存するようにします。

 

今回forkしてきたexplorerはmongodbを使っているので、/etc/mongodb.conf の保存先を専用のボリュームのパスに変更します。

 

gnekoniumを起動しておきます。

 

Explorerの起動前の準備

 

explorer/tools/config.json

{
"gethPort": 8293,
"blocks": [ {"start": 0, "end": "latest"}],
"quiet": false,
"terminateAtExistingDB": false,
"listenOnly": true
}

Explorerを最初に起動するときはこのファイルを少しいじります。

最初は最新ブロックからからブロック番号0に向かって取得していきます。

 

"blocks": [ {"start": 0, "end": "latest"}],

"terminateAtExistingDB": true,

"listenOnly": false

この3行をこのように変更して、node tools/grabber.js を実行します。

このとき、最初に取得したブロック番号を控えておきます。

 

(なぜわざわざ新しい方から古い方に向かって取得していくのかは不明です。非常に面倒くさい......)

そしてその仕様のために、一度取得が終わったあと、さらにconfig.jsonを変更します。

 

"blocks": [ {"start": (さきほど控えた最新ブロック番号), "end": "latest"}],

同じようにnode tools/grabber.js を実行します。

 

短時間で次のブロックが出来てしまうので(平均19秒)、これを何度か繰り返し、すぐに次の工程に移れるように準備しておきます。

 

Explorerの起動

Explorerを通常運用するためにconfig.jsonを以下のように変更します。

{
"gethPort": 8293,
"blocks": [ {"start": (最後に取得した最新ブロック番号), "end": "latest"}],
"quiet": false,
"terminateAtExistingDB": false,
"listenOnly": true
}

 

そしてgrabber.jsをバックグラウンドで動かしたままにします。

node explorer/app.js を起動するとport3000でクライアントからの接続を待ちます。

 

BitcoinからフォークしたBCC(Bitcoin Cash)を手に入れる方法

steemit.com

 

こちらのサイトを参考に日本語化してみると…(ちょっと順番が違いますが内容は同じです)

 

0.秘密鍵が取り出せるBitcoinウォレットにBitcoinを入れておく。

 

1.Bitcoin秘密鍵をExportしておく(使ってるウォレットの説明やヘルプに書いてあると思います)

 

 

2.https://www.bitcoincash.org/  ←からウォレットをダウンロードしてインストー

 

3.Bitcoincashのウォレットに、1でExportした秘密鍵をImportする。

 

こんな感じです。

 

 追記:これを書いて一晩経ってから気がつきましたが…

bitcoincashのウォレットはソースが公開されてないような気がするので、万一秘密鍵をインポート後にほかの場所に流すようなコードがあった場合、元のBitcoinを失うリスクもあります。

 

さらに追記: Bitcoin-ABC(BCCウォレットの1つ)のリポジトリを見つけました。

https://github.com/Bitcoin-ABC/bitcoin-abc/tree/master/src

Nekonium-Wallet(Mist)のLinux版のインストールについて

お久しぶりのこんばんは。

 

最近はNekoniumというものをいじっています。

え?聞いたことない? それはそうかもしれません。2017年7月はじめにリリースされたばかりのできたてほやほや、多分日本初のEthereum Cloneです。

 

これはEthereumを別のネットワークで実験するために作られたコインです。主に学習・研究用ですので、投機をお考えの方はそのへんをよくご考慮ください。

 

ちょっと話がそれましたが、今回はこのNekoniumのGUI版のウォレットのLinux版のインストールについてです。

 

はじめてインストールするときにいくつかパッケージが必要になります。

それらも含めての導入方法になります。

 

 

初回インストール時の前処理

$  sudo apt install appindicator1 desktop-file-utils gnome-menus mime-support hicolor-icon-theme

として、必要なパッケージをあらかじめインストールします。

 

NekoniumWalletをダウンロード

$wget https://github.com/nekonium/mist/releases/download/v0.8.11_n0.8.10/Nekonium-Wallet-linux64-0-8-11.deb

 

インストール

$sudo dpkg -i NekoniumWallet-linux64-0-8-11.deb

 

起動

$nekoniumwallet 

とすれば、起動できます。

 

もしも起動できない場合は、

$sudo apt update

$sudo apt upgrade

$sudo apt -f install

 としてみましょう。(うちではこれで何とか進めました)

 

まだ完全に置き換えが終わっていないので、一部の文字がEthereumとかEtherと出てきますがそこはご愛嬌。

最初何事か聞かれますが、次に進んで大丈夫です。

途中でgnekoniumのバージョンが新しくなってるよ?と聞かれるので、ダウンロードしましょう。

 

0.8.10のときはgnekonium(bitcoinでいうところのbitcoind)が動いていないとうまく使えませんでしたが、0.8.11はこれが修正されていて、gnekoniumを自分で動かしていなくてもnekoniumwalletが自動で起動してくれるように修正されています。

 

そして起動直前まで行くと、パスワード何にする?と聞かれますので、ほかで利用していないパスワードを作った上で登録します。

このパスワードは、メインアカウントのパスワードとなり、今後Nekoniumを送信する時に必要になるものです。忘れないようにしましょう。

 

Linux32とかWindowsが欲しい方は以下のページからダウンロードしてご利用ください。

github.com

 

おつかれさまでした。